Komachi BRiDE 結納・顔わせ

BRiDE TOP

長野県のウエディング情報

Komachi BRiDE結納・顔わせ

お気に入り

ながの東急百貨店 ブライダルサロン(本館4階)

結納・顔合わせ(その他)/長野市
ナガノトウキュウヒャッカテン ブライダルサロン

ブライダルに関する豆知識①~婚約・結納について~

2019年02月01日

結納とは、本来「ユイノモノ」と呼ばれ、両家が新しい婚姻関係をとり結ぶ際の祝宴を意味しました。

古くから婿方、嫁方それぞれが仲人を立て「結納」を取り交わすのが正式とされてきましたが、時代ごとに変化し、両家が一同に会し結納品を交換するという簡略化されたスタイルのものも増えています。

 大きく分けると、関東式と関西式があります。長野県では大半が関東式ですが、事前の打ち合わせで確かめておいた方がベター。

 

【関東式】ひとつの台に九品目の結納品のせるのが基本。結納は「交換」することから「結納を交わす」といいます。

 

 結納品

  1. 目録(もくろく)
  2. 長熨斗(ながのし)
  3. 金包(きんぽう)
  4. 勝男節(かつおぶし)
  5. 寿留女(するめ)
  6. 子生婦(こんぶ)
  7. 友志良賀(ともしらが)
  8. 末広(すえひろ)
  9. 家内喜多留(やなぎたる)

 

【関西式】結納品をひとつずつ小さめの台にのせます。品物の数に制限はなく、水引飾りも華やかで立体的です。男性側だけが贈ることから「結納を納める」といいます。

 

結納品

  1. 熨斗(のし)
  2. 末広(すえひろ)
  3. 小袖料(こそでりょう)
  4. 柳樽料(やなぎたるりょう)…家内喜多留(やなぎたる)
  5. 松魚料(まつうおりょう)…鰹節のこと

※以上の5品目が基本

ふたりにとって大きな節目となり、お互いの両親にとっても今後の親戚付き合いが始まる大切な儀式。お互いを尊重しあい和やかに親睦が深まると良いですね。

 

前の記事

記事一覧

次の記事

最新の記事

このエリアの最新情報

結納・顔合わせカテゴリ 人気の記事

おすすめの周辺会場

最近見た会場・ショップ

お気に入り

TEL

資料請求